高い!でも保証が… 外壁塗装は建てたハウスメーカーに頼むべきなのか?

  • 完成後も、10年後も美しく 会社名:有限会社 永建工業
    永濱 正明
    所在地:大阪府東大阪市長田2-12-5-102
column_img3_a01

ハウスメーカーで建てたこだわりのマイホーム。

“大手ならではの長期保証があるから安心。
アフターフォローもしっかりしているし、対応も良い。
やっぱりハウスメーカーで建てて良かった!”

という満足のお声をよく耳にします。
塗装の現場で多くの住宅を見てきた私も、「躯体や構造が丈夫」「築年数のわりに傷みが少ない」など、
さすがハウスメーカーで建てた家だなと感じることも多いです。
ハウスメーカーの持つ”安心感”と”ブランド力” は大きな魅力ですね。

その一方では…

“想像以上に塗装費用が高い。
ハウスメーカーでないとダメなのかな?
他の塗装業者で見積を取ってみたら、かなり安い!
でも、ハウスメーカー以外でメンテナンスすると長期保証の対象外に…”

など、築10年目の定期点検を迎える頃に外壁塗装で悩まれる方が多いようです。

ハウスメーカーと一般の塗装業者。
長い目で見てどちらを選ぶのがベターなのか?
コスト、保証、品質…将来的な見通しも含め、総合的に判断したいものです。
あくまで私見ですが、ご参考までにメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

ハウスメーカーで外壁塗装するメリット

建てた会社で施工する安心とブランド
新築を手掛けたハウスメーカーは、その家についてのあらゆるデータを把握しています。
どんな施工で建てられたかに始まり、そのハウスメーカーで行ったメンテナンスは全て履歴が残ります。

再塗装時に注意すべき外壁材の特性、特殊な既存塗膜などについても、適切な塗料を検証済み。
メンテナンスのセオリーがきっちりマニュアル化されています。
これは大きな安心材料ですね。

お客様の希望工期に対応しやすい
抱える施工班の圧倒的な数も、町の塗装業者とは比較になりません。
春や秋の気候の良い時期に塗装依頼が集中しても、可能な限りお客様の希望に対応できる組織力を持っています。

ハウスメーカーで外壁塗装するデメリット

費用が高額
先ほども述べましたが、工事価格は高いです。
誤解のないよう補足すると、ハウスメーカーの見積りが不適正で法外な価格というわけではありません。
延べ面積あたりの塗装単価で考えれば決して高くはなく、普通なのです。

しかし、計上される諸経費(○○安全対策費、××仮設費など)が多い傾向にあります。
最終的には一般の塗装業者よりも3割程度高い見積りとなるでしょう。

その諸経費はいったい何?と疑問に感じられる方も多いかと思いますが…
大規模なハウスメーカーと中小の塗装業者は、営業システムが根本的に違うものです。
メリットを加味し、内容を充分に確認して判断されることをおすすめします。

施工品質のバラつき
ハウスメーカーの社内に塗装を手掛けるチームはありません。
ハウスメーカーと契約した塗装業者が施工を請け負います。

規模が大きく塗装班の数も多い。
熱心で丁寧な職人もいれば…そうでない場合もあるということです。
それが実際に来てもらうまで分からない、というのはいささか不安ですね。

依頼時には『請け負い実績の長い丁寧な業者をお願いします』と言い添えておくと良いかもしれません。

塗料の選択肢が狭くなる
外壁材との相性を検証の上、ハウスメーカーがセレクトした塗料。
基本的にそれ以外は使えない場合が多いです。
汚れ対策やクラック、費用面…さまざまなお客様の希望や家の環境に、きめ細かく対応するための選択肢は少ないということになります。

◆一般業者で外壁塗装するメリット

column_img3_b01
費用がリーズナブル
ハウスメーカーで発生する”諸費用”が無い分、コストが抑えられます。
見積を比較して、こんなに差があるの!?と驚かれるお客様も多いですよ。
”安い=技術や品質が劣るのでは?”という心配も無用。
ハウスメーカーと同等かそれ以上の品質を、リーズナブルに得ることができます。

ただ、あまりにも激安価格だと心配ですね。安さのみを追求するのはおすすめできません。
見積りや相談した時の対応が丁寧な、誠実さの感じられる業者を選ぶと良いですね。

顔の見える”安心”がある
直接顔を合わせて相談し、信用して任せられると考えた塗装業者に依頼する。
自らの目で見極めて選んだ職人が、大切なマイホームのメンテナンスを手掛ける。
実直で丁寧な仕事をコツコツと積み上げて得られる信頼と評判は、町の塗装業者の宝。
そこには、大手ハウスメーカーの持つ保証やブランドとは違う”安心”が存在します。

細かな希望にも対応
お客様のご要望に応じて、あらゆるメーカーの塗料を検討、入手できることが一般業者の強み。
外壁材との相性を検討した上で、気になるお悩みに対応する塗料を豊富な選択肢の中から提案します。
マイホームの環境や状態にぴったりな、オーダーメイド感覚のメンテナンスが可能です。

一般業者で外壁塗装するデメリット

ブランド力に欠ける
建てたハウスメーカーにずっとメンテナンスを任せる、最後まで見てもらう。
その事実がもたらす安心と信頼感は絶大です。

特に初めての塗装ならば、ネームバリューの無い業者を自己責任で選んで依頼する不安はどうしてもあるかと思います。
一般業者に頼もう…とは決めたものの、どこに依頼するかを悩み続けて塗装のタイミングを逃してしまうケースもあるほどです。

工期の希望に対応できない場合も
ハウスメーカーと比べると、当然ながら小規模。
動かせる人員も限られています。
お客様からの依頼が集中した場合はキャパオーバーとなり、希望時期の施工や工期に対応できない可能性が出てきます。

まとめ

いかがでしょう。
ハウスメーカーと一般塗装業者の違い、イメージしていただけたでしょうか。

column_img3_c01
ハウスメーカーの特徴

  • 大手のブランド、保証の安心感
  • 希望工期に対応できる組織力
  • 工事費用が高い
  • 実際に施工する業者のレベルが分からない
  • 塗料の選択肢などの自由度は低い

一般塗装業者の特徴

  • 工事費用が安い
  • 自分で施工業者を選べる安心感
  • 柔軟できめ細かな対応が可能
  • ブランド力、組織力には欠ける

一概にこちらが良いからオススメ!とはけっして言いきれません。

自分が何を重視するか?大切にしたいことは何か?

あなたの価値観に従い、納得して選ぶ答えが最良である。そう思います。