屋根・外壁劣化の原因と対策の極意

  • 静岡県の塗装職人 会社名: ハートペイント業
    佐藤 祐介
    所在地:静岡県磐田市見付2857-4

劣化させる要因とは?

外壁や屋根に使われている様々な建材。
それらを劣化させる要因としてまず思い浮かぶのが、紫外線ではないでしょうか?
その他にも、排気ガスや塩分といったものもありますが、忘れてはならないのがカビやコケ、菌です。
それらによってもたらされる劣化は、「微生物汚染」や「微生物災害」と呼ばれています。

紫外線等は建物の表面的なダメージだけで済みますが、微生物汚染は建物の内部への深刻で付加逆的なダメージに加え、
日和見病や肺臓炎等、人体への影響が懸念される所が大きな違いです。
考えられる原因として重要なキーワードは、湿度、栄養、温度です。

湿度が上がる原因

  • 壁内結露
  • 雨漏り
  • 塗膜が劣化することで水分の滞在時間が延びる。
  • 目地のシーリング切れ、割れ。

栄養に出来るもの

  • 塗膜や建材等の有機物全て。

温度

  • 真冬以外の気温は増殖可能(地域による)

上記の中で防ぐ事が出来るものは「湿度」、つまり「水分」です。
余計な水分は排除する!これだけでかなりの効果があります。
水分は木材に腐朽菌が増殖する原因にも繋がり、腐朽菌はシロアリの誘引作用を持っていますので、
シロアリ被害に繋がる可能性もかなり高まります。

水分の防ぎ方で効果が高いものは、

  • 壁内結露は断熱塗料で対処をする。
  • 雨漏りに気付いたら早めに修繕する。
  • 塗膜の劣化による過水分は最適な時期での塗り替えで対処をする。
  • 目地のシーリングが切れていたら、早めに処理をする。

そして、最も大切な事は、対処療法ではなく予防に注力して頂く事です。
心配な方は、塗装店の案内所にご相談を下さい。
全国の加盟施工店から寄せられた事例を元に、
ベターではなくベストなお答えが出来るのは塗装店の案内所の大きな特徴です。