外壁塗装の見積で値引きしてもらうコツってあるの?塗装の専門家が本音を語ります。

  • 完成後も、10年後も美しく 会社名:有限会社 永建工業
    永濱 正明
    所在地:大阪府東大阪市長田2-12-5-102
何十年に一度の家のメンテナンスなので必要とはいえ、外壁塗装の工事は高額です。 家の大きさや立地、既存の外壁のコンディションなどなど、色んな要素によって金額はまちまちですが一般的には100万円くらいが基準になります。

何十年に一度の家のメンテナンスなので必要とはいえ、外壁塗装の工事は高額です。
家の大きさや立地、既存の外壁のコンディションなどなど、色んな要素によって金額はまちまちですが一般的には100万円くらいが基準になります。

だからこそ気になるのが「工事代金の値引き」ではないでしょうか?
外壁塗装の見積もりで値引きはできるのか?
そんな疑問に塗装の専門家の立場からお答えしたいと思います。

こんな大幅値引きにご注意!外壁塗装でよくありがちな値引きの一例

こんな大幅値引きにご注意!外壁塗装でよくありがちな値引きの一例

「外壁塗装で値引き」と言ってよくあるのは、訪問販売の業者さんがよくやる値引きです。

「外壁塗装のお見積り、本当なら200万かかりますが僕の権限で今なら値引きします。
部長に相談するから今日中に契約してください。
今日契約してくれたら140万円まで値引きできます。」こういうパターンです。

これは最初に高い金額を言って140万に着地することをはなから想定しているのでしょう。
ですので、大幅値引きでもなんでもありません。

外壁塗装の工事でこんな風に60万もの大幅値引きできるかどうかと言われたら、塗装の専門家の立場の私としては「できない」と答えます。

外壁塗装工事の価格構成は以下のようになっています。

  • 人件費
  • 材料代
  • 経費(車両など)
  • 利益

この中で下げられる要素があるとしたらもう利益からしかありません。
ボランティアではありませんから利益を50万も60万も下げてくる会社はありえません。
ですからこういうケースは「計画的な値引き」であると言わざるを得ないのです。

別にそれでもお客様が納得されて契約するのであれば、何の問題もありません。
ひっかかるのは実際はそうでない大幅値引きをちらつかせて契約を迫る行為です。
ですからこういうケースに遭遇したら

  • その場で返事をしないこと
  • いったんクールダウンすること

をおススメします。

では外壁塗装において値引きは一切ありえないのか?
と言われたらそんなことはないと思います。
値引きが文化として根付いている関西で会社をやっていますので、私もよく値引き交渉されます。

外壁塗装で値引きをしてもらいたいなら、○○にはこだわらないこと!

せっかくなので外壁塗装で値引きしてもらいやすくなるコツを一つお話ししましょう。
外壁塗装で値引きしてもらいやすいのは・・・ズバリ「工事の時期にこだわらないこと」です。

我々塗装業界では
1~2月6、7、8月は比較的スケジュールにゆとりがあります。
これらの時期は暑かったり寒かったりしますし、梅雨もあります。
だからでしょうかね?
この時期は外壁塗装に適していないと思われる方がいるようですし、作業する職人さんに申し訳ないと配慮してくださる方もいるようです。

気候が安定している大阪という土地に関して言えば、塗装工事が適さない時期というのはありません。
また職人への配慮も気持ちとしては本当にありがたいのですが、彼らもプロですからどんな時期でも仕事をきちんとこなします。

ですから比較的ゆとりのある時期に工事をお任せしていただけるのであれば値引きしてもらえる確率が上がるでしょう。

値引きする側の気持ちになって考えてみると値引きしてもらいやすくなる!?

値引きする側の気持ちになって考えてみると値引きしてもらいやすくなる!?

値引きにまつわるお話しをもう一つさせてください。

私のもとへ問い合わせしてくださるお客様にはほとんどいないのですが、たまに「値引きして当たり前!」と言わんばかりに高圧的な態度で言って来られる方も中にはいます。

「高額な工事だから少しでも安く!」その気持ちはわかります。
工事内容にもよりけりですがいかなる時も一切値引きができないわけではありません。
値引きをするのがいけないとも思いません。
ただ高圧的に「値引きしろ!」と言われた場合と、上手に話をうまいこと進めて値引きに持っていく場合とでは対応に多少の差が出るかもしれません。

過去のことですが
「あなたの会社にお願いしたい。どうしても頼みたい。他に頼む気は一切ない。、、なのでマケて」

商売されている方でしたが、大阪商人さすが!と心のなかで思いました(笑)
そこまで言って頂いたのでいくらか値引きしたように記憶しています。
相手を上手に転がすくらいのつもりで、お客様と業者がお互い気持ちのよい関係でいられたらいいなと私は常々思っています。

まとめ

外壁塗装と値引きについてお話ししました。

  • 一部の訪問業者さんでよくあるような50万、60万単位の大幅値引きは現実的にはありえない。
    計画された値引きであると言わざるを得ない。
  • 一方でいかなる場合もまったく値引きができないかと言われたら、そうとも限りません。
    ダメ元で気軽に聞いてみてください。
  • 一番値引きしやすい条件は工事の時期にこだわらないことです。
    塗装業者の閑散期であれば値引きしてもらえる可能性が上がります。
  • 高圧的に値引きをしろ!というよりも上手に交渉を進めるほうが値引きしてもらいやすいかもしれません。

滅多に経験しない高額な工事だからこそ金額はどうしても気になるところです。
時に慎重に、時に遠慮しすぎず、時に和やかに交渉することが値引きを成功させるコツと言えるでしょう。