リフォーム時のよくある質問、外壁塗装は塗装店とリフォーム店どちらに頼んだ方がいい?

  • 完成後も、10年後も美しく 会社名:有限会社 永建工業
    永濱 正明
    所在地:大阪府東大阪市長田2-12-5-102
リフォーム時のよくある質問、外壁塗装は塗装店とリフォーム店どちらに頼んだ方がいい?

お家のリフォームをする時「外壁塗装は塗装店に頼んだ方がいいのか、それともリフォーム店がいいのか迷う」という声をよく聞きます。
今日はその疑問に塗装店の立場から対話形式でお答えします。

登場人物

永濱さん 永濱 正明
会社名:有限会社 永建工業
モットー:完成後も、10年後も美しく
ぬりえさん ぬりえさん
マイホームが築10年を迎えたので、そろそろ外壁の塗り直しをした方がいいのか検討中。
どこに頼めばいいのかわからず悩んでいる。
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    ぬりえさん、家のリフォームのことでお悩みだと聞きました。
    具体的にどういうことで悩んでいるのですか?
  • ぬりえさん
  • 【ぬりえさん】
    リフォームでやりたいことは、家の内部の水廻りの設備の入れ替えと外壁の塗り直し両方あります。
    こういう時ってリフォーム店に頼む方がいいのか、外壁だけは塗装店に頼む方がいいのか迷っているんです。
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    なるほど。お悩みの内容はよくわかりました!
    まず、そのお話をする前に少し説明させていただくと最近は、【水廻り工事が得意な塗装店】または【塗装工事が得意なリフォーム店】がありますので以前に比べると両者に差がなくなってきました。

    ただ、そうなってしまうとここで話が終わってしまうので今回のお話は【塗装の専門店】と【水廻りが得意なリフォーム店】ということを前提として2つの業者を比べてみましょう。

得意分野がそれぞれ違うことを理解しておこう

  • 永濱さん
  • 【永濱】
    【水廻りが得意なリフォーム店】は浴室、キッチン、トイレなど水廻りの工事や設備の入れ替えなどを主にやっています。
    そのような工事に関しては経験が豊富ですので、単にキッチン、トイレを取り付けるだけではなく、そのお家に合った「使いやすさや」「生活動線」など個々のライフスタイルに合った提案、アドバイスをもらえると思います。

    一方、【塗装の専門店】はその名の通り外壁塗り替えや屋根塗装の専門家です。
    こちらも単に塗るだけではなく現在の下地を診断して、今回塗る塗料との相性など細かく考えて提案してくれます。
    話がマニアックになりますのでここでは控えますが、ある塗料では塗れない外壁や不具合が起きやすい外壁などが意外と多くあるのです。

    餅は餅屋と言いますか、やはりそれぞれに得意分野があります。

リフォーム店に外壁塗装も全てお任せする場合

  • ぬりえさん
  • 【ぬりえさん】
    じゃあリフォーム店は外壁塗装のことを知らないってこと?
    専門家じゃない人にお任せしても大丈夫なの?
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    知らないわけではありませんが、細かく診断するという意味では塗装店に軍配があがるでしょう。また、当然ながらリフォーム店が直接施工するのではなく協力会社に依頼することが多いですね。(因みに…私は下請けという表現が好きではないので協力会社という言い方をしています。)

外壁塗装をリフォーム店に依頼する場合のメリット

外壁のことも設備のこともひとまとめで全部同じ業者に頼めるので、打ち合わせ、見積もりの手間が省ける。

デメリット

経験が少ないため外壁の診断に不安が残る。
リフォーム店は外壁塗装、屋根塗装の専門家ではないので協力会社に依頼して行う場合が多い。
よって中間マージンが発生し結果的に費用が高くなる。

塗装屋に外壁塗装、屋根塗装を依頼する場合

  • ぬりえさん
  • 【ぬりえさん】
    なるほど!じゃあ塗装店に頼めば安心ね。
    問題ないわね!
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    そう言ってもらえると嬉しいです。
    でも我々塗装店にリフォーム工事を依頼していただく場合にもメリットとデメリットは存在するのでご説明します。

メリット

外壁、屋根塗装の専門家ですのでプロとして最適なアドバイス、施工ができる上に中間マージンも不要です。

デメリット

内装のリフォームも同時に行いたい場合は別途そちらの専門業者を探す手間がかかります。
打ち合わせ、契約もそれぞれとなりますので邪魔くさくはなります。

ただし、近年では得意分野をそれぞれの専門業者に依頼する「分離発注」を選択される方が増えてきています。
我々塗装店の専門知識、技術を活かせる機会が増えるのでいいことだと思っています。

家のリフォームにおける分離発注とは?

  • ぬりえさん
  • 【ぬりえさん】
    分離発注?どういうことかしら?
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    分離発注とは内装はリフォーム店に、外壁は塗装店に…と言う風にそれぞれの専門業者に依頼するという方法です。
  • ぬりえさん
  • 【ぬりえさん】
    それぞれの専門業者に依頼するので細かい要望を聞いてくださるということですね。
    それは安心できます。
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    そうです。
    ですから分離発注をおススメしますが、ただし何でもかんでも分離発注すればいいのかと言えばそうでもありません。

    例えば、屋根の葺き替えは瓦屋さんに頼み外壁塗装は塗装店に頼む。こういうケースはおススメできません。

  • ぬりえさん
  • 【ぬりえさん】
    なぜですか?
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    一言で言えば責任の所在が曖昧になってしまうからです。

    例えばリフォーム後仮に雨漏りが発生したとします。
    雨漏りは屋根、外壁どちらも原因になりうる可能性があります。
    屋根だけ、外壁だけと言う風にどちらかだけが原因ではなく、屋根も外壁も両方原因で起きてしまう雨漏りもあります。

    その場合雨漏りの原因の切り分け及び特定は非常に困難で施工業者に責任を問うことも難しくなってしまうのです。

  • ぬりえさん
  • 【ぬりえさん】
    なるほど!それは困るわ。
  • 永濱さん
  • 【永濱】
    中間マージンが発生せず、専門家の知識をフル活用できる分離発注はいい方法だと思うのですが、外回りのリフォームにおいては屋根と外壁の業者は分離せず同じ業者に依頼することを強くおススメします。

まとめ

外壁塗装、屋根塗装のリフォームは塗装の専門家にお任せください!

外壁塗装は十年1度の一大イベントです。
後悔しないものにするためには費用と施工内容のバランスが大事ではないかと思います。
そんな時我々専門の塗装店であれば、技術においてもコストにおいてもお客様のご要望を実現するお手伝いができる自信があります。